FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Edit | Permanent Link | Comment(-) | Trackback(-)

PageTop↑

書評書きのアルバイト

2012.03.13 Tue

書評(Book Review)書きのアルバイト!!!



僕は、1年ちょっと前から、ある大手チェーンの本屋さんに頼まれて、
「書評(Book Review)書き」のアルバイトをしている。

現金をもらっているわけじゃないから、アルバイトとは言わないのかな?



僕が書評を書く代わりに、本屋さんは僕に特別なスタンプをくれる。

そうすると、
ものすご~~~~い安く、(ほとんど、タダ ってくらいに安く)、本を買うことができるっていう仕組み。
Employees' Price (従業員価格)とでも言えばいいのかな?



僕は、そこでは、
Shelf Talker(本棚を語る人)
っていう肩書きで、呼ばれてる。



とても名誉 な仕事だし、
はんぱじゃなく、安く が買える。

どっちみち、そこで本を買うから、
僕にとっては、現金 をもらうのと同じ。

本好きの僕には、ピッタリ! 



すでに出版されてる本に、書評を書くこともあるけど、

Advance Reading Copy
と呼ばれる、「販売前」の本を、
マネージャーさんに渡されるっていうことも、よくある。
(どっちにせよ、本は、好きなのを選ぶことができる。)

Advance Reading Copy (販売前の本) には、
こんなシールが、はられている。
      
DSC05334_convert_.jpg


Advance Reading Copy (販売前の本) は、最終のediting前の本だから、
つづりや文法に、まちがいが含まれていることが多い。
だから、spelling (つづり) や grammar (文法) が、かなり強い子じゃないと、
混乱する危険もあるそうだ。

僕は、わりとどちらも自信あるから、
Advance Reading Copyでも、まったく気にならない。



マネージャーさんが言うには、

第一には、

たくさん出る新しい本の中から、
どの本が、子供の目から見て、おもしろい本なのか、
どの本を、どんな風に、お店に置くのがよいのか、
そういったことを、確認する目的があるそうだ。

そして、

第二には、

子供の言葉で、他の子供にすすめる書評を書いてもらうことによって、
本の売り上げ向上(こうじょう)につなげたいそうだ。


書いた書評は、
マネージャー会議での参考にされたり、
本屋さんの本の棚のところに、置かれたり、
あるいは、website (ホームページ) に出されたりする。



他の子供の気持ちも、わかる子。
他の子供に、本の説明ができる子。
それでいて、大人とも、ちゃんとコミュニケーションがとれる子。
そして、重要なのは、
すごく速く読む力と、深い読解力と、分かりやすい文章を書く力 がある子、がほしい!
ってことで、


僕は、本屋さんに、スカウトされた のだ (えっへん) 

Yes! I was scouted and recruited by the manager of the bookstore !!!






ここで、"scout" と "recruit" の ちがい を書くと・・・・・


scout= If you scout someone for something, you search them for their talent.


recruit=If you recruit someone for an organization, you select them and persuade them to join it or work for it



Both the words "scout" and "recruit" are similar, but there is an important difference.

"scout" と "recruit" は、どちらも、にてる。 でも、重要なちがいがある。



"Scout" is only to "search" or to "find" talents.

"scout" というのは、才能などを、「さがす、見つけ出す」 ということ。


"Recruit" comes after the scouting to actually "hire" or "employ" someone.

"recruit" というのは、(才能などを)、見つけ出した後で出てくる話で、誰かを、「やとう」 ということ。


つまり、

scout=search=さがしだす、見つけ出す

recruit=hire=やとう

っていうことです。





で、「僕の働きぶり」は・・・・というと、
実は、こんなことが、あった。



あるAdvance Reading Copyの本を渡されて読んだ。
けっこう面白い小説で、僕はきらいじゃなかった。
でも、その本は、ちょっとだけ、悪い言葉 (swear words)を使っていた。


僕は、「面白かったですよ~!おすすめ!」という書評の他に、
本屋さんあての報告文も、くっつけて出した。

(「ちょっとしたswear wordsが入っています。
小学生には不向きかもしれないです。」という報告をした。)



そうしたら、その本は、僕の一言の影響で

店頭には、置かないことになったそうだ。
ちょっとビックリ
 



責任重大だなあって思った! 



このアルバイトは、ただで、たくさんの本が読めるし、
それも、出版前に、読むことができる!

だから、友達からも、うらやましがられてる。 



では、
どうして、マネージャーさんが、僕のことを知り、
どうして、スカウトする気になったのかって?


その話は、次に続きます!

次の話は、本屋さんの 「書評書きアルバイト」 の、ゲットの仕方で~す! 

ここをクリックすると、続きが、読めます!書評書きアルバイトをどうやってゲットしたか

読んでくれて、どうも、ありがとう~!

気まぐれに、ここで3つクリックを! m(_ _)m
 にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ 

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ

Bo-BOくん作成秘話は、コチラ をクリック。

クリックと拍手、いつもありがとうございます!
スポンサーサイト

Category: 英語学習

Edit | Permanent Link | Comment(2) | Trackback(0)

PageTop↑

 | HOME | 

お知らせ(新)

僕の本が出ました。いつも応援ありがとうございます。これからも頑張ります! 僕が14歳でカナダ名門5大学に合格できたわけ
       応援、深く感謝しています

お知らせ

僕の本が出ました。いつも応援ありがとうございます。これからも頑張ります!「ザ・ギフティッド」  

お知らせ2

この本には、僕のコラムもあります。 「9歳までに地頭を鍛える!37の秘訣」

プロフィール

大川翔

Author:大川翔
2014年6月、14歳でカナダの公立高校卒業(数学は4学年:AP Calculus 評価5、他は3学年飛び級)。同年9月に大学入学。2015年1月、カナダ政府からカナダ総督アカデミック・メダル賞を受賞。2017年夏、アメリカのグラッドストーン研究所にて山中伸弥教授の下で研修。2018年5月、18歳で大学卒業(UBCバイオロジーオナーズ)。同年7月、孫正義育英財団第二期生(準財団生)に選ばれる。現在、某研究室にてインターン中。

0歳から5歳まで日本の保育園で育ち、5歳半の時に、両親の仕事の都合でカナダに来ました。時々、日本に帰国してます。僕の『極楽カナダ生活』をブログに記そうと思います。

全記事表示リンク

Comments+Trackback

Comments<>+-
Trackback <> + -

メッセージ

このブログはリンクフリーです。リンクはご自由にどうぞ。

Blog Ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキングならblogram

カレンダー

02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

メールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。