学業成績の表彰式

2013.10.30 Wed

 ブログランキングならblogram にほんブログ村 海外生活ブログ 現地校へ

Awards Ceremony 表彰式

なかなか更新できない中、訪問してくださったり、コメントしてくださったり、応援してくださって、本当にどうもありがとうございます!

次から次へと、Big Waveというか、いろいろな出来事がやってくる。書くネタはたくさんあるんだけれど、アップする時間がとれない。学校内外でのいろいろな種類のボランティア活動、Scholarship (スカラシップ)の応募、大学訪問と大学の授業見学、地区のGiftedミーティング、Mini Med School、ラボ、そして、数学・化学・英語のテストなど、いろいろなことがあった。

Scholarshipは、この間のに加えて、また、ある大口Scholarshipに、nominateされた。すごく名誉なこと。とてもうれしい。

まもなくHalloween
今年は、Halloween Partyのボランティアもやります!

さて、今日の話は、10月の第二週のこと。学校で、学業成績の表彰式があったときの話。

これは、アカデミック科目のうち、主要な科目(数学は除く。数学の表彰式は既に終わってるから)についての表彰式。昨年度の成績をもとに表彰される。

僕は、Physics 11 (物理11) と Chemistry 11 (化学11) で、Top Award (最優秀者賞)をもらった。ちなみに、僕は、数学、Pre-Calculus 12 (理系大学進学用の高3数学)Top だった(数学は、表彰式などが別で、ずっと前に発表されてる)。

これで、数学、物理、化学と、理系の3科目を制覇(せいは)した感じ


English 11 (英語11)も、ひょっとして一番かな?ってちょっと甘い期待をいだいていたんだけれど、英語は、一番を逃した英語は、カナダ人女子生徒が一番の賞 (Top Award)を取った。英語は、僕もかなりいい線行ってたはずなんだけど、このカナダ人女性は、Writing 11のコースでも一番だったそうだから、スゴイって思う!僕は、理系なので、Writing 11は取ってないんだけど(その分、理系科目を多く取ってる)、文系に進む生徒でも、Writing 11 や Writing 12を取らない生徒は多いらしい。それを真正面から勝負して、高く評価された生徒ってことだ。英語は相当強いにちがいない。

それと、僕は、学校長賞(メダル)をもらった。

校長先生は、僕を表彰するとき、「ところで、翔、君は、何歳かね?」ってみんなの前で僕に質問した。校長先生はもちろん答えを知ってる。知っててわざと聞いてる。僕は、少し、気恥ずかしくなって、 小さい声で、「14歳です。」と答えた。そしたら、校長先生は、とても大きな声で、「翔は、14歳です。どうです、みなさん!」って生徒みんなに呼びかけた。

僕は、みんなが嫌な気分にならないか心配だったんだけど、それはどうやら杞憂(きゆう)だった。拍手だけじゃなく、「ヒュー・ヒュー・翔!」と声援を飛ばしてくれた生徒達が結構いたのだ。驚いた。全く、期待してなかったから。すごく暖かい雰囲気だ。うれしい。

この表彰式が原因かどうかはわからないんだけど・・・・その後、前より、女性陣からお声がかかる回数が増えた気がする。もちろん、デートのお誘いじゃなくて・・・

「翔、ここ、わかんないから、教えて!」っていうのばかりなんだけど・・・。

人の役に立てるのはうれしい。だから、聞かれたら、時間が許す限り、ていねいに答えるようにしている。

 akihito_sensei_banner.gifブログランキング・にほんブログ村へ
クリックもらえると、すごくうれしいです! 
               
 ブログランキングならblogram にほんブログ村 海外生活ブログ 現地校へ
空手の話は、コチラ Click here for karate episodes.
いつも、応援クリックと拍手、ありがとうございます!
Click Here!   Thank you very much! 
 

Category: 中学・高校

Edit | Permanent Link | Comment(2) | Trackback(-)

PageTop↑

生徒会役員に立候補!

2013.10.17 Thu

 ブログランキングならblogram にほんブログ村 海外生活ブログ 現地校へ

生徒会役員に立候補!

カナダは、Thanksgivingの連休が終わったところ。カナダのThanksgiving Dayについては、去年書いたので、こちらをどうぞ。感謝祭 Thanksgiving Day 

さて、ちょっと前の話になるけど、
Grade 12(高校3年)になって、僕がしたこと!
生徒会役員への立候補

Student Council
生徒会)のメンバーになることは、そんなに難しくない。必要なのは、やる気だけ(僕も、去年からStudent Councilのメンバー)。

これに対して、Executive Committee(生徒会の役員会)に入るのは、かなり難しい。まず立候補。候補者全員が演説。そして生徒から選挙で選ばれるのが基本。この仕事はやりたがる人が多く、結構、激戦!

Executive Committeeの仕事は、生徒を代表して学校側と話し合いをしたり、各種イベントを 企画・組織したり。Fundraisingをしたり、Donationをしたり。いろいろ。実行はStudent Council全体でやるけど、Executive Committeeは、みんなのリーダーとして、全体を組織・指揮する。

今年は高校生活最後の年。一歩、前へ出ようと決意。
生徒会役員選挙に打って出たんだ!

選挙で当選する枠(わく)は3人だけ(加えて、先生達は、落選者から3人追加指名できることに)。


さて選挙!
立候補したのは、Grade 12(高校3年生)の8人みな、僕より3歳年上。身体もデカイし、語りもうまい。

一人だけ3歳年下・・・そんな僕に、みんな、投票してくれるだろうか?自分達のリーダーとして認めてくれるだろうか・・・不安がなかったと言えばウソになる。

立候補者全員がスピーチを終え、投票。開票は先生達が担当。

 

さて結果!
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   

選した!!!! 

僕は、生徒達からの投票で、上位三名以内に入った!!!(投票数や順位は公開されなかったのでわからない。)

みんなの投票による当選だ。すごく嬉しい! なぜ投票してもらえたのか、自分でもわからない。
でも、とにかく投票してくれたみんなにむくいるためにも、残念だった他の候補者のためにも、精一杯頑張ろう!って思う。

 akihito_sensei_banner.gifブログランキング・にほんブログ村へ
クリックもらえると、すごくうれしいです! 
               
 ブログランキングならblogram にほんブログ村 海外生活ブログ 現地校へ
空手の話は、コチラ Click here for karate episodes.
いつも、応援クリックと拍手、ありがとうございます!
Click Here!   Thank you very much! 
 

Category: 中学・高校

Edit | Permanent Link | Comment(4) | Trackback(-)

PageTop↑

Scholarship Nomination

2013.10.12 Sat

 ブログランキングならblogram にほんブログ村 海外生活ブログ 現地校へ

Scholarship Nomination
スカラシップのノミネーション


訪問、応援、拍手、コメント、メッセージ、本当にどうもありがとうございます!
コメントやメッセージは、全部読ませていただいています。個別にお返事できず、すみません。m(_ _)m

なかなか更新できません。いろいろな出来事が次から次へとあって、書くことはたくさんあるんだけれど、どうしても時間がとれなくて・・・・・。

どんなことがあったかというと、(本当にいろいろあるんだけど)、たとえば・・・
先日、ある有名なScholarshipのノミネーションを受けた(ノミネーションは自分の学校から受ける)。僕は、もうちょっと期限が後の別のScholarshipの方をねらっていることもあって、こっちのScholarshipの方は、やり過ごそうって内心思ってた。重複ノミネーションはしてもらいにくいかなっていう気もしてたし。それに、今、いろいろやってて、ムチャクチャ忙しい。 この状況に加えて新たに大型Scholarshipに応募するとなると、確実に限界を超える。だから、「このScholarshipは、スルーしよっ!」って最初っから勝手に思ってた。僕は、自分から名乗り出なかったし、事前に全く準備してなかった。

ところが、校長先生から、コミッティで僕がノミネートされたって聞いたもんだから、大慌て。
「え~~~~~っ!全く準備してな~~~~~い!」
もちろん、ノミネートは断ることもできる。迷った。時間的に無謀(むぼう)なのは明らかだ。ノミネートを受けるかどうか、かなり迷った。

でも、校長先生から直接応援してもらったし、学校の名誉のためにもがんばってくれとまで言われたし・・・。考えてみたら、ありがたい話だし、とても名誉なことだ。だから、自信はないけど、学校代表として立つことにした。

準備に没頭(ぼっとう)した。このscholarshipの場合、成績がいいことも大事だけれど、それ以上に、リーダーシップ力やコミュニティへの貢献度が重視される。僕が今までやってきた活動について具体的な例をあげながら、4つのエッセイを書き上げ、応募書類をまとめた。時間ギリギリだったけど、推薦状(すいせんじょう)は、校長先生が自ら書いてくださった。

あと、それとは全く別のscholarshipにも応募した。時間的、物理的に、限界を超えた挑戦だった。これも突然話が来た。こっちはかなり長文のエッセイが必要。苦労したけど、何とか期限前に書き上げた。その他、推薦状など必要書類もそれぞれ書いていただくことができた。いろいろな方から協力していただいた。本当にありがたかった。大人になったら僕も次の世代の人に同じようにしてあげることで恩返ししたいって思った。それと、CVをまとめた。CVというのは、Curriculum Vitae (今まで受けた賞や経験などを書く、履歴書みたいなの)のこと。CVは、前、作ったのを、さらにバージョンアップした。

体験を書く形のエッセイをたくさんと、将来の進路についての長いエッセイ。今までの自分の経験について書類のまとめ。こういったものを書いたおかげで、自分の人生をイッキにふり返って、それを言葉にすることができた。 大変だったけど、それだけでも価値があったっていう気がしてる。 
akihito_sensei_banner.gifブログランキング・にほんブログ村へ
クリックもらえると、すごくうれしいです! 
               
 ブログランキングならblogram にほんブログ村 海外生活ブログ 現地校へ
空手の話は、コチラ Click here for karate episodes.
いつも、応援クリックと拍手、ありがとうございます!
Click Here!   Thank you very much! 
 

Category: 「大学」に向けて

Edit | Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-)

PageTop↑

選ばれた!Mini Med School

2013.10.01 Tue

 ブログランキングならblogram にほんブログ村 海外生活ブログ 現地校へ

選ばれた!Mini Med School 

Mini Med Schoolに参加することになった。

Mini Med School(ミニ・メッド・スクール)というのは、簡単に言うと、カナダの各地から選ばれた高校3年生達があるResearch Institute(研究所)へ行き、そこで先端の研究をしている研究者達(医学系の研究者達)から、二ヶ月にわたって毎週受ける特別講習のこと。高校レベルの講義とは違う。そして、さらにそこから選ばれる2、3人の生徒は、翌年の夏、高校を卒業したばかりなのに、大学教授達のラボを手伝わせてもらえるというスゴイ特典付き。大学の学部生だって、1,2年のうちは、なかなか教授のラボを手伝わせてもらえないらしいから、これは本当に特別扱い。

ちなみに、このMini Med Schoolは、内容が濃く、たくさんの研究者達が関わっているのに、高校生側は全額無料。Research Institute(研究所)からの招待って形。Full Scholarship(フル・スカラシップー全額奨学金)付きで、特別経験をさせてもらう感じ。

僕は、Physics(物理)については、以前、ある大学から、Full Scholarship (全額奨学金付きーつまり、無料)で招待されて、Advanced Physics Campに参加したことがある。学校長の推薦で、ある大学に一週間通ったんだ。それと、別の大学からも招待されて、大学一年生のオナーズの物理クラスを聴講させてもらったこともある。でも、医学・生物系の研究所からの招待は、今回が初めて。

医学・生物系って、どういうことをやるのかというと、例えば、あるResearch Instituteの去年のMini Med Schoolの例を挙げると、Hematopoietic Stem Cell Transplantation, Solid Organ Transplantation, Stem Cells and Regenerative Medicine, The Future of Transplantation-Cellular Therapies, Engineering New Organsなどがテーマだった。

Mini Med Schoolの制度は、カナダのいろいろなプロビンスにある。他の地域のことはわからないので、僕の経験を書く。

Mini Med Schoolに入るには、まず、自分の高校からノミネートしてもらわないといけない。
生徒の側は、なぜ、Mini Med Schoolに行きたいのかってことについて、短い文章を書いて高校に提出する。その他、Science(化学、生物、物理など)の成績が優れていること、Scienceに情熱を持っていること、Grade 12(高校3年)であることなどが必要で、提出した文章もふまえて、各高校から1人ないし2人がノミネートされる。そして、その後、Research Instituteによって選ばれる。

Nomination(ノミネーション)については、
We invite schools to nominate exceptional students whose enthusiasm and performance in science shows great promise. などと書かれてる。

僕の場合、Science のHead Teacher (理科の主任先生って言えばいいのかな?)が、僕を推薦してくれたって、カウンセラーの先生(奨学金のことや将来のことなどについて相談にのってくれる学校の先生)から聞いた。

すごくうれしい

akihito_sensei_banner.gifブログランキング・にほんブログ村へ
クリックもらえると、すごくうれしいです! 
               
 ブログランキングならblogram にほんブログ村 海外生活ブログ 現地校へ
空手の話は、コチラ Click here for karate episodes.
いつも、応援クリックと拍手、ありがとうございます!
Click Here!   Thank you very much! 
 

Category: 「大学」に向けて

Edit | Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-)

PageTop↑

 | HOME | 

お知らせ

僕の本が出ました。いつも応援ありがとうございます。これからも頑張ります!「ザ・ギフティッド」  

お知らせ2

この本には、僕のコラムもあります。 「9歳までに地頭を鍛える!37の秘訣」

プロフィール

大川翔

Author:大川翔
2014年6月、14歳でカナダの公立高校卒業(数学は4学年:AP Calculus 評価5、他は3学年飛び級)。同年9月に大学入学。2015年1月、カナダ政府からカナダ総督アカデミック・メダル賞を受賞。同年4月、大学1年終了。2016年4月、大学2年修了。同年9月からは、大学3年生。

0歳から5歳まで日本の保育園で育ち、5歳半の時に、両親の仕事の都合でカナダに来ました。時々、日本に帰国してます。僕の『極楽カナダ生活』をブログに記そうと思います。

全記事表示リンク

Comments+Trackback

Comments<>+-
Trackback <> + -

メッセージ

このブログはリンクフリーです。リンクはご自由にどうぞ。

Blog Ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキングならblogram

カレンダー

09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR