レナード・ニモイ

2015.02.28 Sat

 ブログランキングならblogram にほんブログ村 教育ブログ 海外教育へ

Leonard Nimoy  レナード・ニモイ 

今日(2月27日)の大学での一番の話題・・・それは、レナード・ニモイ。
ニモイから僕達への最後のお別れツイートは、これ。
 
A life is like a garden. Perfect moments can be had, but not preserved, except in memory. LLAP -Leonard Nimoy
Nimoy.png
Leonard Nimoy Twitterから)
LLAP = Live Long and Prosper

オバマ大統領から。
"Long before being nerdy was cool, there was Leonard Nimoy." —President Obama

ジャスティン・トルドーから。
"We mourn the loss of Leonard Nimoy. For us Trekkies he was - and always shall be -our friend. #LLAP" ―Justin Trudeau
JustinTR.png
ジャスティン・トルドーは、来週、僕の大学にやってくる。で、上のコメントと写真が、かなり話題になってた。

Intel.png
インテルから。
Farewell, Leonard Nimoy. You inspired us to always keep reaching for the final frontier. ―Intel


レナード・ニモイの著書。
I am SPOCK (日本語版:扶桑社) と I am not SPOCK (英語版)

人にはそれぞれいろいろな環境があると思う。
僕も、一瞬、一瞬を大事に過ごさないといけないって思った。
RIP Leonard Nimoy

クリックもらえると、すごくうれしいです!  
               
 ブログランキングならblogram にほんブログ村 教育ブログ 海外教育へ

Category: カナダでバイリンガル生活

Edit | Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-)

PageTop↑

プレジデント・オンラインに出ました!

2015.02.26 Thu

 ブログランキングならblogram にほんブログ村 教育ブログ 海外教育へ

プレジデント・オンラインに出ました!

これを読むと、カナダの学校生活やギフティッド教育のイメージがわくと思います。
日本に帰国したときに、取材を受けたものです。
切り口がちょっと違っていて、具体的な話がたくさん出ているので、よかったら、ぜひ見てみてください。

今なら、ネットで無料で全文読めます
(2015年2月22日公開)
こちらをどうぞ!
PRESIDENT ONLINE


その他、いろいろなところで、取り上げられました。
Yahooニュース

livedoor NEWS

@niftyニュース

ニコニコニュース

goo ビジネスEX

など。ありがとうございます。

今、こんな風に、ところどころで、桜の花が咲いています! 
これ、カナダの写真です!
桜の花を見ると、日本を思い出します。青い空に桜の花!きれいです!
sakura3cpr.jpg


この写真は、大学の建物。 こちらでも、桜の花が咲いています。
sakura1cpr.jpg
クリックもらえると、すごくうれしいです!  
               
 ブログランキングならblogram にほんブログ村 教育ブログ 海外教育へ

Category: 僕の本について

Edit | Permanent Link | Comment(4) | Trackback(-)

PageTop↑

(祝)ブログ三周年記念!

2015.02.22 Sun

 ブログランキングならblogram にほんブログ村 教育ブログ 海外教育へ

ブログ三周年記念!

sky_pcc.jpg

今日は、よく晴れた日でした。空の青さが、気持ち良かった!
桜の花が、一部の場所でだけれど、咲きかけていて、驚きました。いつもより早いです。

さて、ブログをはじめてから、今日で、ちょうど三年がたちました

    
         

ブログを始めた、三年前の2012年2月22日が、ついきのうのことのようです。

12歳で一時帰国して、渋幕中学受験。そして、合格
すごく通いたい気持ちがあった。でも悩んだ末、カナダでの飛び級を優先。カナダに残った。

あれから3年。15歳になった。 
今は、「 UBC(ブリティッシュ・コロンビア大学)サイエンス学部の1年生」だ

大学から奨学金をもらい、、有給のリサーチ・アシスタントに雇われ、仲間からはサイエンス学部1年生代表に選挙で選ばれた。カナダ政府からは、カナダ総督のアカデミック賞(Governor General’s Academic Medal)をいただくことができた。

勉強に集中したり、ボランティア活動をやったり、仕事をしたり、パーティに出て友達と遊んだり。その他、もろもろ。

たとえば、今週(リーディング・ウィーク)は、ある教授の紹介で、Bogについて、高校生達に教えるツアー・ガイドをやった 高校生側にとっては、サイエンス系の遠足みたいなもの。これ、ガイドする方は、結構大変で、イベントとその準備で、4日かかった。 すごくいいイベントだったって思う。参加した人達が楽しんでくれて、何かしら学んでくれたらいいなって思った。僕も、高校時代、Field Trip (フィールド・トリップ、遠足)で、大学生の人達にいろいろ教えてもらって、ずいぶんと楽しい思いをしたことがあった。あれ、行く方は楽なんだけど、迎える方は、見えないところで、かなり準備しているんだなっていうのが、逆の立場にたって、よくわかった。僕もすごく勉強になったし、面白かったです。それとグループでやったので、普段話したことがない同じ大学の人達とも友達になれて良かった。

リーディング・ウィーク:
大学の講義がない1週間のこと、僕達にとっては今週がそうでした。春休みみたいなもの。

リーディング・ウィーク中は、本を読むだけじゃなくて、普段やれないことをやるチャンスだ!教授の方も、講義をしなくていいから、リーディング・ウィーク中は、アポイントメントがとりやすい。

だから、本を読んだり、ツアー・ガイドをしたりなどなどの他、別のある教授にも会って、夏にやるリサーチについての打ち合わせもした!教授の論文書きのお手伝いをさせてもらうことになっている。 1年生なのに、チャンスを与えてもらえて、ものすごくラッキー! 

これらは、リサーチ・アシスタントをしている教授の仕事とは、また別のもの。時間がとれたら、書こうと思っています。それと、いただいている質問にも、少しずつ答えたいなと思っています。気長に待ってていただけると、うれしいです。

時が経つのは、早い。
あと2か月で、1年生も終わり!
(これ、書いてて、自分でもビックリ!この間、大学生になったばかりという気がする。大学での生活は、ものすごく密度が濃いです。)

残りわずかとなった大学1年生生活。
最後まで充実したものとなるよう、精一杯がんばりたいと思います。

みなさんからの たくさんのクリック応援拍手はげましコメント、カギ付きコメント、メッセージ、メールなどのおかげで、なんとか、三年間、ブログを続けることができました。

どうもありがとうございました!!!

これからも、少しずつですが、カナダでの生活や勉強のことなど、いろいろ書いていきたいと思います。

今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。m(_ _)m

クリックもらえると、すごくうれしいです!  
               
 ブログランキングならblogram にほんブログ村 教育ブログ 海外教育へ

Category: はじめに

Edit | Permanent Link | Comment(14) | Trackback(-)

PageTop↑

大学での英語

2015.02.13 Fri

 ブログランキングならblogram にほんブログ村 教育ブログ 海外教育へ

大学での英語

今日は、大学で読む英語の本の紹介。

僕は、サイエンス学部なので、冬学期(9月から4月)の間に、英語科目を、2科目 6 credits とっている(理系でも、卒業までに、文系の科目を、さらにいくつかとることが必要)
1つはWriting(ライティング)のコースで、もう1つはLiterature(文学)のコース。
(高校時代に、英語のAPやIBをやってた人は、これらをスキップすることができる。友達で、そういう人達もいる。)

参考までに書くと、
僕は、冬学期の間に、全部で11科目とっていて(そのうちの2科目が英語)、これは、サイエンス学部では、普通より多い。

政府(僕の住んでるプロビンス)は、6科目 18 credits やっていれば、フルタイム生徒と認めてるらしい。
大学側のおススメは、8科目 24 credits。確かに、高校と比べると、8科目でも大変だ。
まわりは、10科目 30 credits やってる人が多い。
は、11科目 (33 じゃなくて、34 credits の コース)やってる。

1年生で冬に11科目やってるっていうのは、サイエンス学部では、あまり聞かない(別の学部だと、ある。学部によって、ちがう)。

本当は、もっとやろう(さらにj受講したい科目があったので、その分、4 credits 増やそう)と思って、12科目の登録をしようとしたんだけれど、それは大学が設定している制限を超えてて、登録できなかった。

Term 1 (9月から12月)のとき5科目 やってみたんだけど、まだ余裕あるというか、もう少し増やしても大丈夫かもしれないって思った。だから、Term 2 (1月から4月)は、6科目に増やしたんだ。

「オマエ、限界に挑戦し過ぎだろ!」って意見もあると思うけど、
やれるときに、前倒しで、目いっぱい頑張ろう
と思って。


で、英語のコースの話。
Literature(文学)のコースは、どんな作品を読むかというと、こういうやつです。
(この他に、詩なども読んでます。)

Shakespeare(シェイクスピア)の MACBETH(マクベス)。
教授が指定したのは、このEdition。Footnoteがいっぱいついてる。



Oscar Wilde (オスカー・ワイルド)のThe Importance of Being Earnestその他。



Alice Munro(アリス・マンロー、カナダ人)のThe View from Castle Rock。
Alice Munroは、カナダが誇る偉大な作家。2013年にノーベル文学賞を受賞している。
Governor General's Award (カナダ総督の賞)の文学賞も、3回受賞してる人だ。
(先日、僕が受賞したのは、Academic Medal(アカデミック・メダル)というGovernor General's Award (カナダ総督の賞))
カナダ総督賞受賞!カナダ総督(エリザベス2世女王陛下の名代)からの手紙とメダルと賞状!



Jeanette Winterson (ジャネット・ウインターソン、イギリス人)の The Passion



Roland Barthes (ロラン・バルト、フランス人)のMythologies。
僕達は、フランス語じゃなくて、英語で読む。翻訳版。



来週はReading Week(リーディング・ウィーク)で、少し時間があく。
読みま~す。 
BooksRP.jpg

写真のOxford English Dictionaryは、
Term 1の Writing ファイナルのときに、試験会場へ持ち込みOKと言われたので、買った。でも、使わなかった。今期、使うかな。

がんばりま~す

クリックもらえると、すごくうれしいです!  
               
 ブログランキングならblogram にほんブログ村 教育ブログ 海外教育へ

Category: 英語学習

Edit | Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-)

PageTop↑

2月11日

2015.02.11 Wed

 ブログランキングならblogram にほんブログ村 教育ブログ 海外教育へ

2月11日

(問題) 2月11日、7月1日、7月4日 それぞれ、どこの国の(いわゆる)建国記念日だ?

(答え)  2月11日   日本 建国記念の日
      7月1日  カナダ Canada Day  (Canada's Birthday) カナダの日
      7月4日  アメリカ Independence Day (Fourth of July) 独立記念日

何を理由に、その日を建国記念日とするのかは、国によってそれぞれだし、呼び方もいろいろ。

Canada Dayは、いつも、みんなで集まってお祭りをする、とても楽しい日。
カナダの文化や歴史への誇りをもって、その日をみんなでお祝いする。
前に僕がブログで書いたものは、これ。
カナダ・デー Canada Day (写真たくさんあります)
CanadaDay.jpg
(上の写真は英語Wikiから)
Canada Dayの雰囲気がよく出ています。

日本では、建国記念の日を、どんな風にお祝いしているのかな?


 
2013年、式年遷宮の年、僕は、ついに伊勢神宮に参拝。カナダから「お伊勢まいり」達成です!
そのことは、こちらにちょっとだけ書いてあります。 明けましておめでとうございます!
「おかげ年」の2014年にも行きたかったけど、去年は、行けませんでした。
20年後、またチャンスがあります!

下の枠の中は、僕の2013年ブログからの引用。
2013年2月12日(カナダ時間だと、2月11日)のもの。
もとのは、こちらです。天照大神 Amaterasu
天照大神 Amaterasu
  
今日、カナダは、日本から一日おくれで、2月11日。
2月11日は、建国記念の日紀元節(きげんせつ)だ。
Emperor_Jimmu2.jpg
(月岡芳年「大日本名将鑑」より「神武天皇」)

カナダのおじいちゃん、おばあちゃん(カナダのおじいちゃん、おばあちゃんち)からもらった、神話の事典
The Wordsworth Dictionary of Mythology の Gods and Heroes というところを見てみた。

な、なんと、
Amaterasu という項目(こうもく)があった

こんな風に書いてあった。

Amaterasu Japanese Goddess
The emperor's ancestor


Goddess of the sun and light, of growth and fertility, she is considered to be the divine origin of the imperial dynasty.

The Origin of Amaterasu

The Kojiki(Notes on Ancient Matters), the most ancient Japanese book, recounts how, in the beginning, there were five divine couples. The last of these were brother and sister, Izanagi and Izanami. Izanagi was the god who made the solid earth and was father of Amaterasu, the goddess of the sun; Tsuki-yomi, the god of the moon; and Susa-no-o, the sea-god. Amaterasu accepted the heavens as her charge, and Tsuki-yomi accepted the kingdom of night; but Susa-no-o, grieving for his dead mother, refused his kingdom and said he wanted to join his mother in hell. .......(省略しょうりゃく

古事記からの説明に加えて、
How the Kami tried to make Amaterasu come out of the cave 
神様たちが、どうやって天照大神に天岩戸(あまのいわと)から出てきてもらったのか

っていうコラムもあった。

Amaterasu_cave.jpg
(天岩戸神話の天照大神 春斎年昌画)

伊勢神宮の写真ものっていて、
Custom requires that the shrines be rebuilt (in wood) every twenty years,......
というように、式年遷宮(しきねんせんぐう)についてまで、書かれてた。

そう、そして、今年は、なんと、62回目式年遷宮(しきねんせんぐう)の年(20年に一度の大祭の年)なのだ
伊勢神宮:式年遷宮
800px-Naiku_02.jpg

日本って、長い歴史のある国なんだなあって思った。

クリックもらえると、すごくうれしいです!  
               
 ブログランキングならblogram にほんブログ村 教育ブログ 海外教育へ

Category: 日本の話・日本語学習・日本文化

Edit | Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-)

PageTop↑

楽天の執行役員、北川拓也博士にお会いしました

2015.02.09 Mon

 ブログランキングならblogram にほんブログ村 教育ブログ 海外教育へ

楽天の執行役員、北川拓也博士にお会いしました!

さて今日は、日本に帰国したときの話と写真。
東京の楽天タワーにて、楽天の執行役員、北川拓也博士にお会いしました。

超天才で、カッコ良くて、やさしいお兄さんという感じの方でした。

北川拓也氏 プロフィール
1985年生まれ。灘中学・灘高校卒業(化学オリンピック国内最優秀賞)。現役でハーバード大学に合格。数学・物理のダブルメイジャーで最優等の成績にて卒業。その後、ハーバード大学大学院に進み、2013年博士課程修了。今までに、20本以上の論文が、Science、Natureなどの科学雑誌に取り上げられ、そのうちの3つの論文が編集長に特別重要な論文として指定された。世界中の物理学者と共同研究し、これまで20以上の研究所や国際学会で招待講演をしている理論物理学者(専門は、Condensed matter physics)。現在、楽天株式会社執行役員として、ビヘイビアインサイトストラテジー室室長を務める。

DSC_1862_RR.jpg  

このところ、僕はよくネイチャーやサイエンスなど様々なジャーナルに出ている論文を検索しています。いろいろ調べものがあるからです(僕自身、今、リサーチ・レポートを書いているところ)。大学の図書館ネットを通じて、あらゆる論文の全文を読むことができます。

区切りがついたとき、ふと思って、北川拓也博士の論文を探してみました(論文は英語で書かれています)。

そしたら、出るわ、出るわ、すごいです! 

お会いしたとき、「コンピューターの勉強も、ちゃんとしておけよ!」ってアドバイスしてもらいました。コンピューターの勉強も頑張ろうと思います。

クリックもらえると、すごくうれしいです!  
               
 ブログランキングならblogram にほんブログ村 教育ブログ 海外教育へ

Category: 大学生活

Edit | Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-)

PageTop↑

 | HOME | 

お知らせ

僕の本が出ました。いつも応援ありがとうございます。これからも頑張ります!「ザ・ギフティッド」  

お知らせ2

この本には、僕のコラムもあります。 「9歳までに地頭を鍛える!37の秘訣」

プロフィール

大川翔

Author:大川翔
2014年6月、14歳でカナダの公立高校卒業(数学は4学年:AP Calculus 評価5、他は3学年飛び級)。同年9月に大学入学。2015年1月、カナダ政府からカナダ総督アカデミック・メダル賞を受賞。同年4月、大学1年終了。2016年4月、大学2年修了。同年9月からは、大学3年生。

0歳から5歳まで日本の保育園で育ち、5歳半の時に、両親の仕事の都合でカナダに来ました。時々、日本に帰国してます。僕の『極楽カナダ生活』をブログに記そうと思います。

全記事表示リンク

Comments+Trackback

Comments<>+-
Trackback <> + -

メッセージ

このブログはリンクフリーです。リンクはご自由にどうぞ。

Blog Ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキングならblogram

カレンダー

01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

メールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR