ミスの分析・対策編

2015.03.23 Mon

 ブログランキングならblogram にほんブログ村 教育ブログ 海外教育へ

く、く、くやし~~~い! パート2 (その2)
~ミスの分析・対策編~


お待たせしました。つづきの話。前の話を読まないと意味が通じないので、
前の話を読んでいない方は、まず、こちらをどうぞ。 く、く、くやし~~~い!パート2 (これ、拍手が多かったので、つづきの話を待ってる人が多いと判断。他のトピックじゃなくて、このつづきの話からアップします。)
そのまた前の話は、こちら。く、く、くやし~~~い!

なぜ読み間違えたのか?なぜ100%じゃなかったのか?なぜ簡単な問題でミスしたのか?
ひとことで言うと、それは油断だ。それと、全体への目配りが足りなかった。



具体的に、このテストの時、どんな風だったのかを思い出してみる。

この化学のテストは、1時間で10ページのテスト。わりと分量が多かった。でも、僕は最初っからスピードを出してやったから、35分くらいで一応全部やり終えた。
もともと化学は、大得意!

時間もたっぷり残ってた。で、その残った25分で、難しい問題を中心にもう一度解き直しながら、見直しをしていた。

1問、ミスをしているのに気がついて直した。見直しで拾えて良かった。で、時計を見たら、まだ10分も余ってる。「余裕だぜ!今度こそパーフェクトだ!」って思った。

・・・と、その時。残り時間10分っていうとき。
僕は、おそろしい事実に気がついた。

ふっとホチキス止めされたテスト用紙の束(たば)を裏返したんだ。
そしたら、なんと、10ページ目に、もう一問、デカイ問題があるではないか!

ゲゲゲーっ。こんなところにも、問題が!
しかも、これ、難問!ヤバい。もう残り時間10分を切ってる!

時間が飛んでいく・・・解けるか?・・・時間がない・・・いや、まだあと9分ある!・・・
絶対やってやる!・・・うん、やれそうだ・・・やれる!・・・やったあ、解けたぜ!・・・
と、ここでちょうど終了時間。

(あとで、また教授と話す時間があって、「最後の10分になってから、10ページ目の問題があることに気がついて、あわててやった!」ってことを言ったら、「えーっ。あれ、最後の10分でやり終えたの?重たい問題なのに、よく頑張ったね。」って言われた。確かに、ラストの問題、最後に気がついて正解できたのは良かった!)



前回の く、く、くやし~~~い!には、「大学のテストの場合、見直しをしているヒマがあるとは限らないから、やはり、一発で、ピシッと決めなくちゃいけない。」って書いた。

これは、今でもその通りだと思う。いつも緊張感を持って、一発で決めるつもりでやらなくちゃいけない。でも、ミスすることがあるのも事実。やはり、見直しは必要だ。今回も見直しで一問拾えてる。

でも、ただ単に、見直しすればそれでいいってものでもない。
簡単な問題だと思って油断していると、せっかく見直ししても、間違った思い込みを直せないことがある。意識がせまくなっていると、前と同じように読み飛ばしたり、読み間違えたりする。表面だけすべっちゃう感じ。そうじゃなくて、見直しする前に気持ちを切り替えて(深呼吸がいいかも!)、広い意識で、最初解いたときの思考にとらわれずに、新しい気持ちと視点でよ~く見るっていうことが大事だって思った。難しい問題の見返しのときは、そういう風にていねいにやってたんだけど、簡単な問題の方は、簡単だからと油断してて、表面をすべるような見直ししかしてなかった。それが、見直ししても、読み間違いに気がつかなかった原因だと思う。

あと、今回のように、最後になって、まだやってなかった問題の存在に気がつくというのは、自分でも情けないって思った。
(今回は、その問題も正解できたわけで、結果的には大丈夫だったけど、こういうことは二度とあってはダメだって思った)

テストがもどってきてからテスト用紙をよ~く見た

そしたら、それぞれのページの右上に、テストは全部で何ページか、書かれていることに気がついた。たとえば9ページのところには、(Page 9 of 10)というように、(全部で10ページあるうちの、これは9ページ目ですよ)って、ちゃんと書かれてた。僕は、問題文ばかり見てて、テスト用紙全体への目配りをおこたってたってわけだ。



母さんに聞いたら、「3時間半で60問の問題を解く」という、何十ページも問題があるテストの話をしてくれた。昔の司法試験のなかにそういうテストがあったそうだ。テスト開始後、最初に、「最後のページ(最後の問題)がどこかを確認。そのあと、ページが抜けてないか全部を確認。そして、全体像を見渡した」って。前のページから確認すると時間がかかるから、まず最後のページ(最後の問題)がどこかを確認後、後ろの方から、(たとえば問題が61ページあるとすると)、61、59、57、・・・とチェックしながら、問題全体のバランスを確認したって。

前にも、まず最初に全体を見渡すように!と言われていたのを思い出した。大学のテストは、高校までのテストより分量が多いから、特にこの点、気をつけなくちゃって思った。

次からは、
(A) 最後のページ(最後の問題)がどこかを確認。全部を見渡し、全体のバランスをチェックしてから問題にとりかかる。

(B) 簡単な問題でも油断しない。

(C) 一発で、ビシッと決めるのが原則だけど、可能な限り、見直しをする。その時は、まず深呼吸をして、新しい気持ちで見直す。

っていう風にやろうと思った。

親からは、いつも、「ミスも実力のうち」って言われてる。もっと頑張ろうと思う!

クリックもらえると、すごくうれしいです!  
               
 ブログランキングならblogram にほんブログ村 教育ブログ 海外教育へ

Category: 大学生活

Edit | Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-)

PageTop↑

高校について(質問への回答)

2015.03.15 Sun

 ブログランキングならblogram にほんブログ村 教育ブログ 海外教育へ

高校について(質問への回答)

いろいろな質問や、会って話を聞きたいといった連絡をもらっているのですが、それぞれに返信することは、ちょっと難しいです。それとブログ上でお答えするのも、(気持ちはあっても)、今、なかなか厳しい状況です。

そこで今日は、(書く予定のテーマを変更し)、できるだけ多くの方の参考になるように、複数似た質問があったことがらについて、書こうと思います。僕が通ったカナダの高校に留学したい、あるいは、転校したいけど、どうでしょうか?という質問です(この質問は、よく受ける質問のひとつです)。

まずは僕のブログに書かれている話、ぐーぐる先生からの情報などを知ったうえで、参考にしてください。

そもそも、僕の高校は、(ふつうの公立高校だけど)、プログラムは、かなり特殊です。

授業の時間数は、他の高校より少ないです。でも、テストや宿題、実験などはかなり多い方だと思います。つまり、(小学校のように)いつも隣の席が同じ人という状態でたくさんの授業を受ける、というタイプの学校ではありません。むしろ、大学に近いやり方です。

少し講義を聞いたら、あとは自分で勉強し、自分から先生に質問に行くやり方。だから、自分でドンドン進んでいくのが好きなタイプの人には、向いています。

でも、自分から先生にガンガン質問に行くことが苦手なタイプだと、少しサバイバルが厳しくなるかもしれません。

こういった特殊なプログラムの中で、上手にサバイバルするには、
(A) 自分から、先生やまわりに、(英語で)話しかけていける性格であること
(英語でのコミュニケーションが苦手だと、この点、ちょっと厳しくなるかもしれません)
(B) 自分で計画をたててその通りに実行していけるタイプであること
が、とても大事だと思います。
(自由な校風なので、ずっと遊んでて、あとでヤバい!ということもあり得ます。一言でいうと、大学みたい。大学風のやり方が好きなタイプと、もっとキッチリしばってほしいというタイプで、向き・不向きがあると思います)

あと、
(1)1ヵ月くらいの語学留学
(2)1年くらいの短期留学
(3)カナダの高校を卒業し、英語圏の大学進学を目指す留学
のどれにするのかで、学校の選び方が、ちがってくるかもしれません。

(1)の場合: 都市部の方が、語学学校が多いと思います。
(2)の場合: 僕は、どちらかと言えば、都市部より田舎をおススメします。
(田舎に行けば行くほど、よりカナダらしい雰囲気が味わえて楽しいと思うからです)
(3)の場合: これも僕は、どちらかと言えば、田舎の方をおススメします。
(田舎の方が英語母国語人の割合が多いので、英語力をつけるには良い気がするからです。もっとも、田舎へ行けばいくほど、ガリガリ勉強しない気がするので、楽しくても、遊び過ぎずに、しっかり勉強することが大事だと思います)

その他、
カナダは、あちこちに、IB(国際バカロレア)校があります。私立だけじゃなくて、公立でもあります。IB校は、国際的評価がとても高いようなので、それも検討するといいと思います。

どこの学校でも、短期でも長期でも、とても楽しい留学生活を送ることができると思います!

僕は思ったことを書きましたが、留学相談は、プロの方達がたくさんいらっしゃると思うので、いろいろな方に相談することをおススメします。

また、もうすぐ、カナダ留学フェアというのがあります。カナダ大使館が相談にのってくれます。主催はカナダ大使館で、日本の外務省、文部科学省、東京都が後援してるフェアです。たくさん情報が得られると思うので、留学を考えている方には、強くおススメします。
カナダ大使館主催「カナダ留学フェア2015春」特設サイト

カナダ留学フェア 2015春

後援:外務省・文部科学省・東京都

小・中・高校/語学学校/カレッジ/大学/IEC・ワーキングホリデー

【東京】

  • 3月20日(金) 17:00~19:30
  • 3月21日(土) 11:00~18:00
  • カナダ大使館
    地下鉄銀座線、半蔵門線、大江戸線「青山一丁目」駅 徒歩約5分

クリックもらえると、すごくうれしいです!  
               
 ブログランキングならblogram にほんブログ村 教育ブログ 海外教育へ

Category: 中学・高校

Edit | Permanent Link | Comment(2) | Trackback(-)

PageTop↑

く、く、くやし~~~い!パート2

2015.03.08 Sun

 ブログランキングならblogram にほんブログ村 教育ブログ 海外教育へ

く、く、くやし~~~い!パート2 


化学のミッドターム(中間テストみたいなもの)が、もどってきた!
(まだ、ミッドターム期間中だけど、化学は少し早くにテストがあった)

採点されたテストは、正面の机に置かれていて、学生達がそれぞれ自分のを探して取って来る。

そんな中、教授が僕に近づいてきた。教授は、「翔、すごく良くできていたよ!」ってニコニコしながら話しかけてきてくれた。名前も、おぼえていてくれた。

僕は、すぐに、つかんでいた自分のテストの点数を確認した。

96%だった。

教授のニコニコ表情に対して、僕はガッカリ表情を浮かべてしまった。
100%をねらっていた。いったい、どこを間違えたんだ?急いでチェックした。

難しい問題は全部できていた!
一番難しい問題も、僕はフルマーク(満点)がもらえてた!

じゃ、なぜ?
前の方の簡単な問題を落っことしていた。単純な読み間違い。問題文にAとBについて書いてあって、Aのことを聞いているのに、Bのことを聞いていると読み間違いして、Bを答えてしまっていた。 この問題は、全問中、最も簡単な問題。おそらく、ほとんどの学生が正解したと思う。大学の化学のテストで100%をとる大チャンスだった。

平均は、72%だったと教授が言っていた。
だから、成績は悪いわけじゃないっていうか、まあ、客観的には、かなりいい。

でも、ポイントは、そこじゃない!!!
なぜミスをしてしまうのか、どうしたらミスをなくせるのか、だ!

あれ?これって、前にも似たようなことを書いてたっけ・・・というわけで、タイトルは、
「く、く、くやし~~~い パート2」 


前回 く、く、くやし~~~い!は、数学で、ゼロを1こ書き落としたというミスだった。
「く、く、くやし~い パート3」を書かなくていいようにしたいものだ。


つづく(つづきは、ミスの分析、そして対策編)。

クリックもらえると、すごくうれしいです!  
               
 ブログランキングならblogram にほんブログ村 教育ブログ 海外教育へ

Category: 大学生活

Edit | Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-)

PageTop↑

 | HOME | 

お知らせ

僕の本が出ました。いつも応援ありがとうございます。これからも頑張ります!「ザ・ギフティッド」  

お知らせ2

この本には、僕のコラムもあります。 「9歳までに地頭を鍛える!37の秘訣」

プロフィール

大川翔

Author:大川翔
2014年6月、14歳でカナダの公立高校卒業(数学は4学年:AP Calculus 評価5、他は3学年飛び級)。同年9月に大学入学。2015年1月、カナダ政府からカナダ総督アカデミック・メダル賞を受賞。同年4月、大学1年終了。2016年4月、大学2年修了。同年9月からは、大学3年生。

0歳から5歳まで日本の保育園で育ち、5歳半の時に、両親の仕事の都合でカナダに来ました。時々、日本に帰国してます。僕の『極楽カナダ生活』をブログに記そうと思います。

全記事表示リンク

Comments+Trackback

Comments<>+-
Trackback <> + -

メッセージ

このブログはリンクフリーです。リンクはご自由にどうぞ。

Blog Ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキングならblogram

カレンダー

02 | 2015/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR