フランス語-マギル大学からの増額支援(2)

2014.04.05 Sat

 ブログランキングならblogram にほんブログ村 教育ブログ 海外教育へ

マギル大学からの増額支援(2)
ーフランス語-
前からの続き。前の話は、
マギル大学からの合格通知!
マギル大学から増額支援!(1) ケベック、ありがとう!

マギル大学の講義は英語。でも、マギル大学があるモントリオールはフランス語圏、北米のパリと呼ばれる都だ。モントリオールはケベック州最大の都市であり、ケベック州(州都はケベック・シティ)の公用語はフランス語。モントリオールには英語がわかる人も多いはずだけど、フランス語母国語人は人口の約6割。だから大学内は別にして、モントリオールの町中だったら、フランス語が話せるかどうかで、あつかいがだいぶちがうだろうなって思う。

ケベコワ(ケベック出身のフランス語を母国語とする人)じゃないけど、フランス人とは何度も話したことがある(空手仲間にフランス人がいる)。三年くらい前のこと、フランス語の勉強がしたくて、フレンチ・イマージョンに転校しようか迷っていた僕を、すごく応援してくれた。少しでもフランス語を話そうとすると「よし!」となり、へたれて英語に逃げようとすると「だめ!」となる。手厳しい。彼女の英語は、僕のフランス語よりずっとうまい。それでも、僕に少しでもフランス語をしゃべらせようとしてくれた。フランス人のフランス語への思いは、とても強いって感じた。ケベコワにはケベコワの誇りがあり、フランス人とはまた別の文化があるんだろうけど、フランス語を大切に思う心は、たぶん同じなんじゃないかって思う。

他のプロビンス(州)は英語が主流。一口にカナダと言っても、フランス語が公用語のケベックと他のプロビンスではいろいろ勝手がちがう。ケベックは、メイプルシ ロップの産地として有名。また、モントリオールは、とても美しい町として知られている。美しい町モントリオールにあるマギル大学には、世界中から優秀な学生が集まってくる。カナダのハーバードとして世界中の学生達をひきつけている。

そんなマギル大学でサバイバルするために、フランス語は必要か?僕程度のフランス語力で本当にだいじょうぶか?僕のフランス語は、Grade 10(高校1年)でやったのが最後。成績はA評価で93%。僕のアカデミック科目の中では、最低最悪の数字だけど・・・客観的には、まあ悪くない。でも、レベルはGrade 10どまり。しかも、「外国語」として習ったフランス語だ。カナダには、フランス語と英語のバイリンガル(どっちも同じくらいぺらぺらの人たち。両方が母国語レベルという人たち)が、うじゃうじゃいる。そういう人たちから見たら、僕のフランス語は・・・・ゼロに等しい。

マギル大学の入学条件に、フランス語ができることっていうのはない。講義は英語だ。大学のウエブサイトには、フランス語を母国語とする学生は全体の18%、英語を母国語とする学生は50%、その他の言語を母国語とする学生が32%と書かれている。Quickfacts_Students 

これを見ると、英語ができればだいじょうぶって感じる。でも、この「英語を母国語とする学生」という表現はクセモノだ。カナダには、英語を母国語としつつも、フランス語もぺらぺらという学生(バイリンガル)がたくさんいるからだ。問題のポイントは、どの言語が母国語かってことじゃなくて、あまりフランス語が話せなくても、いろいろな意味で(大学の勉強だけじゃなくて、人間関係もふくめて)だいじょうぶか?ってことだ。ふだん英語で会話してて、完全なカナダ人英語を話すから、英語モノリンガル(英語だけ話す人)だと思いこんでいたら、何かの拍子(ひょうし)にフランス語の話になり、「ああ、フランス語もわかるよ。」となって、ぺらぺらの母国語レベルのフランス語を披露(ひろう)されるってこと、何度も経験しているのだ。実は、僕の空手の先生も、英語とフランス語のバイリンガルだったりする。ジェイコブの父さんもバイリンガルだし、カーラの父さんもバイリンガルだ。その他知り合いの父さんは英語ぺらぺらのケベコワだ。バイリンガルは意外に多い。おそるべし、カナダ人!って感じ。

この点、実際に、マギル大学の僕の志望と同じサイエンス学部に行った先輩達の話が参考になる(その他、合格者には、ウエブ上で、マギル大学の学生達と話をするっていう企画もあるから、そこで聞くっていうこともできると思う)。実際のところ、マギル大学のサイエンスに行った僕の先輩達は、特にフラン ス語が得意な人達ではなかった。普通の英語人だった。それでも、マギル大学でちゃんとサバイバルできている。そのうちの一人は、英語と別の言語のバイリンガルで、彼女にとってフランス語は(僕と同じく)第三言語っていう先輩だ。「フランス語はできた方がいいけど、できなくても何とかなるよ。」って言われた。

僕の学校に来てくれたマギル大学のリクルーターは、本人もマギル大を卒業した英語人。ケベック出身ではなかった。彼女は、「マギルに来るにあたって、フランス語ができる必要は全くありません!フランス語ができなくても、全く心配ないです!だいじょうぶ!」と断言してくれた。もっとも・・・・・リクルーター自身、フレンチ・イマージョン育ちで、フランス語もぺらぺらであることは、後でわかったんだけど。<。まあ、実際 に進学した先輩の話と合わせて考えるに、大学内は英語がわかれば問題ないみたいだ。 ただ、モントリオールをバッチリ楽しむには、フランス語力が高ければ高いほどいいんだろうなって思う。
つづく。
つづきはこちら。背筋がピンと伸びる話-マギル大学からの増額支援(3)
akihito_sensei_banner.gifブログランキング・にほんブログ村へ
クリックもらえると、すごくうれしいです! 
               
 ブログランキングならblogram にほんブログ村 教育ブログ 海外教育へ
空手の話は、コチラ Click here for karate episodes.
いつも、応援クリックと拍手、ありがとうございます!
Click Here!   Thank you very much! 


Related Entries

Category: 「大学」に向けて

Edit | Permanent Link | Comment(2) | Trackback(-)

PageTop↑

Comment

 >>URL

Re: No title

のんき さんへ

> これまでの努力が認められて嬉しいね。

どうもありがとうございます。とてもうれしいです。

> でも、まだまだ夢の途中だと思うので、これまでどおり、楽しくいろんなことに目を向けて私たちに新しい世界を教えてくださいね。

はい。がんばります。(^^)

Edit | 2014.04.06(Sun) 11:42:13

のんき >>URL

これまでの努力が認められて嬉しいね。
でも、まだまだ夢の途中だと思うので、これまでどおり、楽しくいろんなことに目を向けて私たちに新しい世界を教えてくださいね。
大学生になった翔君の活躍ともしかしたら少しの挫折も含めてね。
フランス語だってすぐの上手になるんだろうね~
羨ましいです。柔軟な頭脳が。

Edit | 2014.04.06(Sun) 00:00:51

Comment Form


お知らせ

僕の本が出ました。いつも応援ありがとうございます。これからも頑張ります!「ザ・ギフティッド」  

お知らせ2

この本には、僕のコラムもあります。 「9歳までに地頭を鍛える!37の秘訣」

プロフィール

大川翔

Author:大川翔
2014年6月、14歳でカナダの公立高校卒業(数学は4学年:AP Calculus 評価5、他は3学年飛び級)。同年9月に大学入学。2015年1月、カナダ政府からカナダ総督アカデミック・メダル賞を受賞。同年4月、大学1年終了。2016年4月、大学2年修了。同年9月からは、大学3年生。

0歳から5歳まで日本の保育園で育ち、5歳半の時に、両親の仕事の都合でカナダに来ました。時々、日本に帰国してます。僕の『極楽カナダ生活』をブログに記そうと思います。

全記事表示リンク

Comments+Trackback

Comments<>+-
Trackback <> + -

メッセージ

このブログはリンクフリーです。リンクはご自由にどうぞ。

Blog Ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキングならblogram

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

メールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR