評論家・松永暢史さんが、ブログで僕の本の紹介をしてくれました!

2014.08.18 Mon

 ブログランキングならblogram にほんブログ村 教育ブログ 海外教育へ

評論家・教育環境設定コンサルタントの松永暢史さんが、ブログで、僕の本の紹介をしてくれました!

こちらです。
JOKER・松永暢史のブログ
松永暢史さん、どうもありがとうございました。

くわしくは松永暢史さんのブログを見ていただくとして一部だけ引用すると、僕の本について、
「・・・ここには子供の教育上コアになることが満載されている。声掛け読み聞かせ古典音読作文パズル、そして感性と観察力の大切さから、気合いを入れること、さらには瞑想(呼吸法)の大切さまで述べられている。笑いの大切さについてまで書いてあった。書いてないのは焚火のことくらいであるが、これも当然実践されていたことであろう。・・・」ってことが書いてありました。

僕は、これを読んで、驚いた!
    
「書いてないのは焚火のことくらいであるが、これも当然実践されていたことであろう。」

そうなのだ。僕んちは、夏、毎年、キャンプする。
そして、たき火をして楽しむ 

たき火はとても楽しい。
火をおこし、大きく育てる。そして最後には炭を作る、その過程がとても面白い!
同じようなことをしているように見えて、毎回、条件が少しずつちがう。
良い炭を作るには、工夫が必要だ。良い炭作りに成功したときは、達成感がある!
炭ができたら、次にたき火をするときに、それをまた使うんだ。

たき火はこっちでは単なる「キャンプファイアー」だけど、日本には、「焚火道」と呼ばれるものがあるらしい。焚火には「道」という言葉がつくほど、究める「深さ」があるんだと思う。
まあ、僕は、楽しんでるレベルなんだけど。

ブログには時々たき火の話を書いてる。たとえば、
キャンプファイアー Campfire
カナダの湖
The best laid plans of mice and men ・・・
ビーバー発見!







 全部、松永暢史先生のご著書です。

ここから先は、2年前にブログに書いたものです。
   ちなみに、Teepeeは、Tipi って書いたり、Tepee って書いたり、いろいろ。
キャンプファイアー Campfire


予定変更して、カナダの湖 のつづきです。

キャンプファイアーすること (たき火すること) は、英語で 
Building a Campfire って言います。

そして、たき火をするとき、安全のために、火を取り囲むようにするもののことは、
Fire Pit と呼びます。
鉄製だったり、レンガ bricks でできていたり、石をおいたものだったりします。
 

これは、luxurious というか、ちょっとぜいたくな感じの Fire Pit です。
firepit-B_convert_.jpg
写真は、This Old Houseから。


こういう形のものは、Fire Ring と呼ぶこともあります。キャンプ場だと、もっとも一般的な Fire Pit です。
FirePitFire_convert_.jpg
こんな風に、ティーピー Teepee の形にして、風が通りぬけるように、たき木 Firewood をおくのが、良い火をおこすコツです。 

Teepee Method の他に、Log Cabin Method と呼ばれる Firewood の組み方もありますが、家族で普通にやる分には、Teepee Method で十分楽しめます。

Teepee Method というのは、写真のように、cone の形 (円すい形)に Firewood をおいて、火をおこす方法のことです。

もちろん、中の方には小枝を、外の方には大きな Firewood をおきます。よくかわいた Firewood を使うことが大事です。


これは、友だちの家の裏庭。石で作ったFire Pit です。
Fire+Pit+AA_convert_.jpg


450campfire_convert.jpg

写真はwhistlerrvingから。
このウエブサイトには、3分11秒の動画 How to Build a Campfire もありますよ!YouTubeだとここになります。How to Build a Campfire  動画は英語なので、見ると英語の勉強になると思います。ここで教えているのは、Teepee Method よりちょっと高度な Log Cabin Method によるキャンプファイアーのやり方です。参考になります。
僕は、いつも、Teepee Method でやっているんだけれど、今年の夏は、Log Cabin Method にも挑戦してみようかな? 

ああ、夏が楽しみだ~!!!

クリックもらえると、すごくうれしいです!  
               
 ブログランキングならblogram にほんブログ村 教育ブログ 海外教育へ
Related Entries

Category: 僕の本について

Edit | Permanent Link | Comment(1) | Trackback(-)

PageTop↑

Comment

名無し >>URL

やっぱり海外に住んでいると日本語が下手になりますね
音読、読書をすると国語が上達するそうですが…

Edit | 2017.10.25(Wed) 07:41:06

Comment Form


お知らせ(新)

僕の本が出ました。いつも応援ありがとうございます。これからも頑張ります! 僕が14歳でカナダ名門5大学に合格できたわけ
       応援、深く感謝しています

お知らせ

僕の本が出ました。いつも応援ありがとうございます。これからも頑張ります!「ザ・ギフティッド」  

お知らせ2

この本には、僕のコラムもあります。 「9歳までに地頭を鍛える!37の秘訣」

プロフィール

大川翔

Author:大川翔
2014年6月、14歳でカナダの公立高校卒業(数学は4学年:AP Calculus 評価5、他は3学年飛び級)。同年9月に大学入学。2015年1月、カナダ政府からカナダ総督アカデミック・メダル賞を受賞。2017年夏、アメリカのグラッドストーン研究所にて山中伸弥教授の下で研修。2018年5月、18歳で大学卒業(UBCバイオロジーオナーズ)。同年7月、孫正義育英財団第二期生(準財団生)に選ばれる。現在、某研究室にてインターン中。

0歳から5歳まで日本の保育園で育ち、5歳半の時に、両親の仕事の都合でカナダに来ました。時々、日本に帰国してます。僕の『極楽カナダ生活』をブログに記そうと思います。

全記事表示リンク

Comments+Trackback

Comments<>+-
Trackback <> + -

メッセージ

このブログはリンクフリーです。リンクはご自由にどうぞ。

Blog Ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキングならblogram

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR