日経新聞で取り上げられました

2015.01.23 Fri

 ブログランキングならblogram にほんブログ村 教育ブログ 海外教育へ

日本経済新聞の朝刊で、僕のことがちょっと取り上げられました。

去年、母さんが、日本経済新聞社から取材を受けてて、それが、日経の朝刊の、「学びの現場から 海外の息吹触れたい 第2部 異文化と向き合う(1) 日本、受け皿どう整備」(2014年11月28日)で紹介されたと聞きました。

日本経済新聞

「海外に目を向ける子供たち」ということで、「グローバル化への対応を迫られる学校の現状と課題」がテーマの記事だったらしい。

文部科学省は、4年後に、IB(インターナショナル・バカロレア)認定校を現在の7倍の200校に増やそうとしていること(僕の本のp.237にも、IB校の話が出てきます)や、英語の幼児教育(プリスクールなど)や、海外の大学への進学を県が後押しする無料講座の話なども書かれていたと聞いた。



日本は、日本語で大学教育や高度な大学院教育が受けられる素晴らしい国。でも、学術論文は、英語で発表しないと、世界の多くの人に読んでもらえない。引用もしてもらえない。

大学の世界ランキング・トップ100の中に入る日本の大学は、たいてい、東大と京大の二つだけ。カナダはというと、トップ100に、たいてい、四つくらい入る。カナダのトップ3は、マギル、UBC、トロント。これに加えて4つ目として、マックマスターやウォータールーなどが入る(ランキング表によってちがう)。

人口は?というと、日本の人口(約1億2700万人)はカナダの人口(約3500万人)の約3.6倍。なのに、カナダは、日本の2倍も世界ランキングのトップ100に入る大学がある。

日本の大学のレベルは、すごく高い。学生の学力レベルもすごく高い。根性だってあると思う。
なのにどうしてこうなるのかっていうと、それはやはり、英語での発信力の差なんじゃないかなっていう気がする。英語が世界の主流言語になっていることと、関係している気がする。

日系アメリカ人の理論物理学者が、「世界のエリートは、英語を第二言語として話す」と言っていたのを聞いたことがある。

母国語はとても大事だけれど、もし可能なら、英語も使えた方がいい。世界に向けて、言いたいことを発信することができるから。

クリックもらえると、すごくうれしいです!  
               
 ブログランキングならblogram にほんブログ村 教育ブログ 海外教育へ
Related Entries

Category: 日本の話・日本語学習・日本文化

Edit | Permanent Link | Comment(3) | Trackback(-)

PageTop↑

Comment

 >>URL

Re: No title

黒田裕樹 さんへ

おっしゃる通りだと思います。ありがとうございます。



Kurose さんへ

おっしゃる通りですね。ありがとうございます。

Edit | 2015.01.24(Sat) 14:27:44

Kurose >>URL

言語は情報を発信する役割のみならずそこで一つの社会が形成されるので、英語圏でない国が世界で太刀打ちするのは確かに難しい面があると思います。

アメリカの大学でも生徒・研究者・教授・学術機関などあらゆる面で国際化していて、世界の様々な国からトップレベルの研究者が集まりそこでできたコミュニティーで最先端の内容をやり取りしているので競争が激しく、その中で知識がより正確で高度なものへと発展しているので非常にアドバンテージを取れているのが現状です。

科学的知識であっても個人の実力のみならず意見を交わしながら社会的に発展していく側面も重要なので、日本をこれからも科学技術をもって発展させていくためにも英語は重要になると思います。

もちろん母国語は日本語ですので、英語での学術コミュニティーに参加し科学の発展に貢献しつつ日本語での情報発信にも力をいれて、より多くの若い学生にも最先端の学問に興味をもってもらえるような環境を作っていくことも大切ですね。

そういう意味でも仰る通り現代では母国語と英語の両方を適切に使うことが世界においてより高く評価されることにつながると思います。

Edit | 2015.01.24(Sat) 10:43:07

黒田裕樹 >>URL

英語が話せれば確かにメリットは大きいと思います。しかし、自国の文化の造詣を深めずして語学を勉強しても、「仏造って魂入れず」になるのではと同時に危惧しております。

Edit | 2015.01.24(Sat) 00:32:34

Comment Form


お知らせ

僕の本が出ました。いつも応援ありがとうございます。これからも頑張ります!「ザ・ギフティッド」  

お知らせ2

この本には、僕のコラムもあります。 「9歳までに地頭を鍛える!37の秘訣」

プロフィール

大川翔

Author:大川翔
2014年6月、14歳でカナダの公立高校卒業(数学は4学年:AP Calculus 評価5、他は3学年飛び級)。同年9月に大学入学。2015年1月、カナダ政府からカナダ総督アカデミック・メダル賞を受賞。同年4月、大学1年終了。2016年4月、大学2年修了。同年9月からは、大学3年生。

0歳から5歳まで日本の保育園で育ち、5歳半の時に、両親の仕事の都合でカナダに来ました。時々、日本に帰国してます。僕の『極楽カナダ生活』をブログに記そうと思います。

全記事表示リンク

Comments+Trackback

Comments<>+-
Trackback <> + -

メッセージ

このブログはリンクフリーです。リンクはご自由にどうぞ。

Blog Ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキングならblogram

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR