九州大学副学長、佐々木裕之教授にお会いしました!

2016.09.27 Tue

 ブログランキングならblogram にほんブログ村 教育ブログ 海外教育へ

九州大学副学長、佐々木裕之教授にお会いしました!

夏の終わりに、カナダから日本へ。最初に向かったのは、福岡
(前の話はこちら大学3年になりました。新学期開始!

東京から飛行機で九州・福岡へ。
生体防御医学研究所(Medical Institute of Bioregulation)へ到着!
IMG_8952_c.jpg

佐々木裕之教授にお会いした。

佐々木裕之教授のプロフィール:
1956年福岡市生まれ。九州大学大学院医学系研究科修了。医学博士。九州大学遺伝情報実験施設助手、国立遺伝学研究所教授を経て、九州大学生体防御医学研究所教授(前所長でもある)。九州大学・エピゲノムネットワーク研究センター・センター長。九州大学副学長。2015年紫綬褒章受章。(wiki 遺伝学者。分子生物学者。医学者。)

九州大学生体防御医学研究所 ゲノム機能制御学部門 エピゲノム制御学分野 SASAKI Laboratory


IMG_8981_cc.jpg


IMG_8983_cc.jpg


IMG_3891.jpg
「エピジェネティクス入門」(岩波科学ライブラリー) こちらをクリックすると、amazonに飛びます。
佐々木裕之教授が、エピジェネティクスを多くの人に理解してもらおうと世に送り出した入門書。

遺伝子は同じでも見た目は違う では、個性はどのように決まるのか 
遺伝子を陰で操る「エピジェネティクス」とは?

三毛猫の三毛模様、アサガオの絞り模様…。遺伝子は同じでも、生物にはさまざまな外見や個性がある。これは遺伝子の働きを調整するエピジェネティクスによって、偶然をも取り込みつつ決められている。遺伝子を陰でダイナミックに操るしくみと、それによって生まれるさまざまな現象を解説し、病気との関係や新しい治療法開発の可能性を紹介。

「個性はどこで決まるか」
(1)第一の要因として、ゲノムの多型
(2)しかし、固体の特徴がすべて遺伝的に決まっているわけではない。環境によって大きな影響を受けることも事実(環境には地理的条件や、気候、食生活、習慣、家族、社会などさまざまなことが含まれる)
(3)そして、固体の特徴を決める第三の要因として、エピジェネティクスがある。
(エピジェネティクスは、「DNAの配列には変化を起こさないで遺伝子の機能を調節する仕組み」のことをいう)第2の要因である環境によってエピジェネティクスが変化する場合もあるし、また、三毛猫や朝顔の模様の場合のように偶然性を取り込むこともあるつまり、エピジェネティクスは、環境の影響や偶然性も取り込んで、個性を決めるそうだ。

「エピジェネティクスは、1950年頃活躍した英国の発生学者ワディントン(C. H. Waddington)による造語」であり、「その語源は発生学のエピジェネシス(後成説、epigenesis) (epi=後, genesis=創造)に遡る」(ゲノム科学の基礎、岩波書店)。「現在では、エピジェネティクスは『DNAの配列に変化を起こさず、かつ細胞分裂を経て伝達される遺伝子機能の変化やその仕組み』または『それらを探求する学問」と定義』されている
。「遺伝子スイッチのオン・オフを探求する学問」(エピジェネティクス入門、岩波新書)。

エピジェネティクスと病気との深い関係、新しい診断法&治療法開発の可能性などについても書かれている本です。

エピジェネティクスは、とてもホットな研究分野
(ゲノム解読完了後の重要なテーマであり、さまざまな生命現象やヒトの病気解明の鍵だと言われている)

IMG_8958_cc.jpg
この写真にある rice cooker (炊飯器)みたいなのは、centrifuge(遠心機)

僕は最初かなり緊張してしまっていたんだけれど、研究室の中を先生が案内してくださって、いろいろなことを教えてくださった。すごくうれしかった

IMG_8965_cc.jpg

IMG_8960_cc.jpg
この機械は、illumina の HiSeq 2500 すげー!
HiSeq 2500 Sequencing Technology


IMG_8974_cc.jpg


IMG_8979_c.jpg
Microscope

IMG_8970_c.jpg


IMG_8975_c.jpg

カナダから福岡まで行って本当に良かったって思った。


Genomic Imprinting (英語) エピジェネティクス(丸善出版)

これは、佐々木教授のマウスコレクション。供養の気持ちから。
IMG_898_c.jpg


福岡では、とんこつラーメンも食べた。
一蘭ラーメン。うまかった。

IMG_8945_c.jpg
              
 ブログランキングならblogram にほんブログ村 教育ブログ 海外教育へ
 
Related Entries

Category: 大学生活

Edit | Permanent Link | Comment(7) | Trackback(-)

PageTop↑

Comment

よっちゃん >>URL

能力について

初めまして、よっちゃんといいます。

大川さんは、他の人と比べて勉強や仕事などの(おそらく全ての)生産性が非常に高いですが
これは生まれ持ったものだとご自身では思いますか?

仮に一般的な人が工夫を重ねて、目的を達成するための生産性向上スキルを磨き続ければ、大川さんと同等のレベルの生産性になれると思いますか?

私は仕事や勉強の生産性について、個人で研究(と言うと大袈裟かも…)をしているのですが、
一般的な人では大川さんのような天才には、やはり届かないのではと感じております。

謙遜抜きの本音でお答え頂ければ幸いです。
また、大川さんの生産性高さの原因は(いろいろあるでしょうが)端的に言うと何なのでしょうか?

お忙しい中恐縮ですが、ご教授いただきたいです。
よろしくお願い致します。

Edit | 2016.11.09(Wed) 08:08:53

くり坊 >>URL

こんにちは!

初めまして!
僕は今、学校のディベートに向けて準備をしている高校3年生です
そこで、質問なのですが、飛び級のメリット、デメリットとはどのような点があるのでしょうか?

Edit | 2016.11.04(Fri) 09:13:21

 >>URL

Re: No title

こた さん へ

ありがとうございます!
少しずつですが、更新していくつもりです。


水月 さん へ

帰国していたのは夏の話で、9月からカナダです。
ブログ読んでくださっているとのこと、ありがとうございます!

Edit | 2016.10.13(Thu) 15:12:18

こた >>URL

今後も記事の更新楽しみにしてます!

Edit | 2016.10.06(Thu) 17:53:33

水月 >>URL

いつもブログを拝見しています^ ^
帰国されていたのですね。私は16歳で名古屋のの高校生1年です。翔くんのことは本を出版された時から知っており、中学の最終自由研究ではギフティッドをテーマにするくらいとても興味があります。恐らく私も日本の隠れギフティッドです。
お忙しいとは存じますが、1度お話を聞かせて頂くことは出来ますか❓

Edit | 2016.09.28(Wed) 07:02:37

 >>URL

Re: 素晴らしい経験ができましたね!

まる さん へ

応援、どうもありがとうございます!

Edit | 2016.09.28(Wed) 00:35:53

まる >>URL

素晴らしい経験ができましたね!

興味のある分野について、いろんな方から教えてもらって、たくさん吸収して、これからの糧になるといいですね。
翔さんのような特別な才能のある方には、たくさん学ぶ機会をもってほしいですから、どんどん求めていくといいと思います。
つい、お母さんのようになった気持ちで嬉しくなりました。次回の報告も楽しみにしています。頑張ってね!応援しています!

Edit | 2016.09.27(Tue) 19:41:19

Comment Form


お知らせ

僕の本が出ました。いつも応援ありがとうございます。これからも頑張ります!「ザ・ギフティッド」  

お知らせ2

この本には、僕のコラムもあります。 「9歳までに地頭を鍛える!37の秘訣」

プロフィール

大川翔

Author:大川翔
2014年6月、14歳でカナダの公立高校卒業(数学は4学年:AP Calculus 評価5、他は3学年飛び級)。同年9月に大学入学。2015年1月、カナダ政府からカナダ総督アカデミック・メダル賞を受賞。同年4月、大学1年終了。2016年4月、大学2年修了。同年9月からは、大学3年生。

0歳から5歳まで日本の保育園で育ち、5歳半の時に、両親の仕事の都合でカナダに来ました。時々、日本に帰国してます。僕の『極楽カナダ生活』をブログに記そうと思います。

全記事表示リンク

Comments+Trackback

Comments<>+-
Trackback <> + -

メッセージ

このブログはリンクフリーです。リンクはご自由にどうぞ。

Blog Ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキングならblogram

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR