俳句と英語(1)

2012.04.12 Thu

俳句と英語(1)

僕が撮(と)ったカナダの桜の写真です。
あまりに日本の桜そっくりなので、カナダの国旗を入れて、撮(と)ってみました(^^)Y
400Sakur+2_convert_.jpg

近づくと、こんな感じです。
400Sakur+3_convert.jpg

今日の話は、きのうの 「桜の季節」 の続きです。
まだ読んでない方は、こちらをどうぞ。桜の季節

こっちで、桜の季節に、こんな英文をよく見かけます。
これは、小林一茶(いっさ)の俳句として紹介されています。
Under cherry trees there are no strangers ―Issa

で、元の一茶(いっさ)の句は、なんだったのかなあ?と、きのうブログに書いたところ、

花の陰 赤の他人は なかりけり
-小林一茶

(はなのかげ あかのたにんは なかりけり)
-こばやしいっさ


だって、教えてもらいました。

なーるほど(@@)
「なかりけり」 うーん。難しいけど、カッコイイなあ。

教えてくれたのは、yonishさん星条旗と俺です。
yonishさん、どうもありがとうございました。



実は、こっちの小学校では、Haiku 俳句 について、習います。

たとえば、これ。

古池や 蛙飛こむ 水の音 
―松尾芭蕉

(ふるいけや かわずとびこむ みずのおと) 
―まつおばしょう


あ、もっとも、英語で習うんですけど・・・(^^;)

The old pond, a frog jumps in, sound of water
―Basho


ってな感じで、先生、説明してたかな・・・。

この松尾芭蕉(まつおばしょう)の俳句、僕は、小さいときに、日本語で覚えました。
だから、カナダの小学校で、英語で習ったとき、ちょっと、ビックリ。
カナダで、俳句を習うんだあって。

「自分の俳句を、作ってみましょう!」って、先生が言って、みんな、それぞれにいろいろ作りました(あ、もちろん、英語で、Haiku を作るんです)。

英語で Haiku を作るときのルールは、2つ。
1つは、ちゃんと、5・7・5 になるように、作るってことと、
もう1つは、季語(きご)っていうほどではないけれど、
なんでもいいから、季節をあらわす単語を入れるってことだそうです。

習ったのは、英語の時間で、先生は、カナダ生まれのカナダ人の先生です。

英語で、5・7・5 ってどうやるんだ?って思うかもしれないけれど、
それは、syllables で、数をカウントするんです!

syllables って、日本語では、なんていうのかな?
今、調べたら、音節(おんせつ)って、出てました。

英語で俳句を作りなさいって言われたときが、ちょうどハロウィーンの時期だったので、僕は、ハロウィーンについて、英語で、5・7・5の俳句を作りました。ちょっと今、季節じゃないので、僕の作った英語の俳句は、また、別のときに、披露(ひろう)しようと思います。

やってみると、わかるけど、英語で syllables を意識(いしき)して、その数が、ちょうど、5・7・5 になるように、Haiku を作るっていうのは、けっこう、難しいですよ~!

たとえば、こんなのが、春のHaikuとして、あるみたいです。

Graduation day
The parents all come to see
Circus then leaves town

-Ted Champagne


あした、大きなテストなので、今日は、これで失礼しま~す!

お帰り前にポチもらえると、すごく嬉しい!m(_ _)m 
                 
 にほんブログ村 英語ブログへ 
akihito_sensei_banner.gifブログランキング・にほんブログ村へ

空手の話は、コチラ Click here for karate episodes.

いつも、応援クリックと拍手、ありがとうございます!
Click Here!   Thank you very much! 
 

Related Entries

Category: 日本の話・日本語学習・日本文化

Edit | Permanent Link | Comment(8) | Trackback(0)

PageTop↑

Comment

 >>URL

Re: タイトルなし

lele.mamaさんへ

> カナダで俳句のお勉強があるんだぁ~!!
> こういう場面で、日本人を取り上げてもらえるのは、うれしいな~☆
> 授業でも、翔君に注目が集まらなかった?(笑)

うん。日本のことを勉強したときは、僕、先生のアシスタントをしたり、僕がいろいろ教えたりしたよ(^^)
くわしいことは、そのうち記事で書くね。

> TVで見てたら、親日家の方が日本人よりも日本のことに詳しかったりして、自分のことを少し恥ずかしく思うことがあるよ。
> 日本の文化は、日本の誇りとして残していかなきゃね!海外に渡った翔君のブログを見て、日本について考えさせられることが多いよ。

どうも、ありがとう!v-411

Edit | 2012.04.16(Mon) 06:54:36

lele.mama >>URL

カナダで俳句のお勉強があるんだぁ~!!
こういう場面で、日本人を取り上げてもらえるのは、うれしいな~☆
授業でも、翔君に注目が集まらなかった?(笑)
TVで見てたら、親日家の方が日本人よりも日本のことに詳しかったりして、自分のことを少し恥ずかしく思うことがあるよ。
日本の文化は、日本の誇りとして残していかなきゃね!海外に渡った翔君のブログを見て、日本について考えさせられることが多いよ。

Edit | 2012.04.15(Sun) 22:35:14

 >>URL

Re: はじめまして(^O^)/

どんぐりさんへ

こんにちは!

> こんにちは!
> 日記楽しく読ませていただきました(*^_^*)
> うちにも11歳の男の子がいて、家で一緒に英語勉強しています。
> 少し前まで、カナダ人の先生に英語習ってました。また楽しい日記楽しみにしています。

どうも、ありがとうございます!
毎日、書くようにしています(^^)Y
でも、きのうは、大きなテストの後で、友達と遊びに行ってしまって、はじめて更新(こうしん)をさぼってしまいました。
これからも、よろしくお願いします。v-411

Edit | 2012.04.14(Sat) 13:33:45

どんぐり >>URL

はじめまして(^O^)/

こんにちは!
日記楽しく読ませていただきました(*^_^*)

うちにも11歳の男の子がいて、家で一緒に英語勉強しています。
少し前まで、カナダ人の先生に英語習ってました。また楽しい日記楽しみにしています。

Edit | 2012.04.14(Sat) 12:04:17

 >>URL

Re: タイトルなし

ぺらもの さんへ

こんにちは。

> カナダでも俳句をやるとは知りませんでした。

おりがみも、カナダのふつうの公立(英語)の学校で、やりますよ~!
他にもあるけど、そのうち記事に書きます。

> それにしても異国の地で、しかも飛び級で頑張っておられるなんて、素晴らしく優秀なんですね!驚きです。
> とても参考になりました。

どうもありがとう! 

> 今後もブログにお邪魔させていただきます。
> よろしくお願いいたします!

ぺらものさんのブログ見ました。おもしろいブログですね。

中国語のこと、僕は、わからないです。でも、飲茶(やむちゃ)は、好き。(^^)
こっちに、上海人のやってるレストランがあるんだけど、そこのショーロンポーが好き。遠くて、たまにしか、行けないんだけど・・・(^^;)

ロシア語は前のクラスメートのローマンと、ギフティッド・クラスのジョナサンが、ロシア人。二人ともは家ではロシア語だけど、学校では、英語。だから、僕とも英語。ロシア語を習うチャンスは、なさそうです。フランス語は、勉強中です。カナダでは、みんな、フランス語は勉強します。

また、ぜひ、遊びに来てください。

Edit | 2012.04.14(Sat) 10:51:27

ぺらもの@外国語学習のモチベーションを維持させます >>URL

はじめまして!
カナダでも俳句をやるとは知りませんでした。
それにしても異国の地で、しかも飛び級で頑張っておられるなんて、素晴らしく優秀なんですね!驚きです。
とても参考になりました。
今後もブログにお邪魔させていただきます。
よろしくお願いいたします!

Edit | 2012.04.13(Fri) 22:34:06

 >>URL

Re: タイトルなし

Sakasayo さんへ

> へぇ~、学校で俳句を習うのですねぇ
> アメリカで俳句を学ぶという話は聞きましたが、カナダでもやっているんですねぇ

やってますよ~(^^)
あ、そうそう、もちろん、イベントのときは、フェイス・ペイントもやってますよ~。v-411

Edit | 2012.04.13(Fri) 14:14:02

Sakasayo >>URL

へぇ~、学校で俳句を習うのですねぇ
アメリカで俳句を学ぶという話は聞きましたが、カナダでもやっているんですねぇ
色々な情報をありがとう!!

Edit | 2012.04.13(Fri) 09:23:11

Comment Form


TrackBack

お知らせ(新)

僕の本が出ました。いつも応援ありがとうございます。これからも頑張ります! 僕が14歳でカナダ名門5大学に合格できたわけ
       応援、深く感謝しています

お知らせ

僕の本が出ました。いつも応援ありがとうございます。これからも頑張ります!「ザ・ギフティッド」  

お知らせ2

この本には、僕のコラムもあります。 「9歳までに地頭を鍛える!37の秘訣」

全記事表示リンク

Comments+Trackback

Comments<>+-
Trackback <> + -

メッセージ

このブログはリンクフリーです。リンクはご自由にどうぞ。

Blog Ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキングならblogram

カレンダー

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

メールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR