数学―中学受験の算数の勉強はとても役に立つ!

2012.04.28 Sat

数学―中学受験算数の勉強は、とても役に立つ!
カナダ高校卒業のための州の統一試験Provincial Exams (4)

この話は、(3)からのつづきです。読んでない方はこちらです。「君、何歳?」カナダ高校卒業のための州の統一試験Provincial Exams (3)

カナダの Provincial Exams (州の統一試験)のことは知らない人が多いみたいで、質問もあったので、もう少し、説明しておきます。これは、まあ、1科目3時間のテストと考えちゃっていいです。2時間テストとも言えるんだけど(2時間で終わりにしていいから)、がんばりたい人は、3時間まで時間を使っていいっていうルールになってます。だから、たいてい、みんな3時間かけて良い点がとれるように、がんばります。成績に、かなり大きなウエイトで反映(はんえい)される大事なテストだから。

あ、でも、Math の Provincial Exam は、2時間で終わりにしてしまうカナダ人も、けっこういます。なぜなら、このMathのテストは、平均的なカナダ人にとって、かなり難しいと感じるものらしくて、時間をかけてもわからなくてムダだからってことだそうです(Practice Test 模擬試験の平均点が、60%だったりするわけだから)。それで、点数が低くてFail不合格してしまう人も時々いるみたいです。その場合、サマー・スクールに通ったり、もう一度やり直しになったり。カナダでは、高校終了までが義務教育なので、Fail してしまうと、大変みたいです。(逆に、やる気があって、もっと先のことを勉強するために、サマースクールに通う生徒もいます。)

でも、Mathのこと、はっきり言っちゃうと、Provincial Exam の Math より、中学受験の御三家や灘や筑駒や算数オリンピックの算数の問題の方が、ずっと深くて難しいです。僕は、日本の中学受験の勉強もしたので、日本の勉強の深さ・難しさもわかります。もちろん、カナダのMathも、コンテスト・レベルになると、かなり難しいものがあるので、簡単だとは言えないんだけど。


日本の中学受験の算数の勉強をしたことは、カナダの Provincial Exam に、とても役に立ちました。Problem Solving 文章題も、Geometry 図形問題も。ただ、まあ、テスト範囲は、少しちがうんだけど。たとえば、Pythagorean theorem (ピタゴラスの定理)は、日本の中学受験の算数においても常識になってるけど、日本の中学受験では、Rootルートの計算や、Cube Root キューブ・ルートの計算は、やらないし、Trigonometry (sin・cos・tan)のことは全く知らなくていいです。でも、Provincial Examでは、1 : 1 :√2や、1 : 2 :√3  が図形問題の中で使えて、Trigonometry (sin・cos・tan)(三角法)の文章題が解けることが必要です。円や角度、立体図形が関係する問題は、中学受験の勉強がかなり使えます。あと は、Linear Equations and Graphs (関数やグラフ)の問題と、ハイスクール Math の計算って言えばいいのかな、Exponential Equation (乗数が入ってる計算)が出ます。exponents (乗数)がネガティブだったり8^(-70)、分数だったりする4^(1/2)場合の計算。それと、Cube Root キューブ・ルート(∛2)が入っている計算とか、あと、factoring など、そのほかいろいろ範囲に入っています。

全体的に素直なタイプの問題なんだけど、分量が多くて時間も長いので、かなりつかれます。それと、こっちでは、Scientific Calculator サイエンティフィック・カリキュレーター(計算機の一種)を使うので、その点も、日本の中学受験とちがうところです。


日本の中学受験の算数の勉強は、役に立つだけじゃなくて、頭を鍛える(きたえる)のに、すごくいいって思います。第一、解くのがおもしろいしね。

日本の製品が、壊(こわ)れなくて良い物だっていうのも、それは、日本人が子どものころから、きちんと勉強してきたってことと関係している気がしています。

お帰り前に応援クリックもらえると、すごく嬉しい!m(_ _)m 
                 
 にほんブログ村 英語ブログへ 
akihito_sensei_banner.gifブログランキング・にほんブログ村へ

空手の話は、コチラ Click here for karate episodes.

いつも、応援クリックと拍手、ありがとうございます!
Click Here!   Thank you very much! 
 
Related Entries

Category: 算数と数学

Edit | Permanent Link | Comment(2) | Trackback(0)

PageTop↑

Comment

 >>URL

Re: タイトルなし

yonish さんへ

> 何となくですが、日本は「狭く深く」、外国は「広く浅く」な気がします。。
> その分、ちょっとひねくれた問題でもサラっと解けちゃうのが日本人の強みなのかなーと。

確かに。こっちの問題でも、コンテスト用の問題は、トリッキーな問題も結構あったりするので、簡単という言い方をしてしまってはいけないとは思うんですが、yonishさんが言いたいことは、実は、僕も、とてもよく意味がわかります。
もちろん、日本の算数や数学も、教科書の問題と、受験用の問題では、全然ちがうということもあるから、比べる対象によるという面もある気はします。

> 翔さんはまさに「和洋折衷」で、両方の良さを知ってて有利だと思います(´∀`)

ありがとうございます(^^) 僕は、まだ勉強してる途中だけど、yonishさんにこそ、まさに、その言葉がぴったりだと思います。v-411

Edit | 2012.04.29(Sun) 13:36:52

yonish >>URL

周りのアメリカ人が「難しい難しい」って言ってても、
「え、どこが?」って思っちゃうこと…あります( 一一)
(もちろん実際には言いませんが!笑)

何となくですが、日本は「狭く深く」、外国は「広く浅く」な気がします。。
その分、ちょっとひねくれた問題でもサラっと解けちゃうのが日本人の強みなのかなーと。

翔さんはまさに「和洋折衷」で、両方の良さを知ってて有利だと思います(´∀`)

Edit | 2012.04.28(Sat) 17:18:38

Comment Form


TrackBack

お知らせ

僕の本が出ました。いつも応援ありがとうございます。これからも頑張ります!「ザ・ギフティッド」  

お知らせ2

この本には、僕のコラムもあります。 「9歳までに地頭を鍛える!37の秘訣」

プロフィール

大川翔

Author:大川翔
2014年6月、14歳でカナダの公立高校卒業(数学は4学年:AP Calculus 評価5、他は3学年飛び級)。同年9月に大学入学。2015年1月、カナダ政府からカナダ総督アカデミック・メダル賞を受賞。同年4月、大学1年終了。2016年4月、大学2年修了。同年9月からは、大学3年生。

0歳から5歳まで日本の保育園で育ち、5歳半の時に、両親の仕事の都合でカナダに来ました。時々、日本に帰国してます。僕の『極楽カナダ生活』をブログに記そうと思います。

全記事表示リンク

Comments+Trackback

Comments<>+-
Trackback <> + -

メッセージ

このブログはリンクフリーです。リンクはご自由にどうぞ。

Blog Ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキングならblogram

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

メールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR